05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ホームページ・ネット販売

プロフィール

ぬく

Author:ぬく
小豆島在住の漆作家夫婦。
(男の方:NUKU1号/女の方:NUKU2号)
お問合せはこちらまで→berserker9x9nuku@gmail.com

奈良のお店で販売して頂いております!
「ayanasu」奈良県奈良市角振新屋町4番地1階東端
よろしくおねがいします!

カテゴリ

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トマトと縄胎皿

2016.07.18 11:40|雑記


写真撮影強化月間。
夏野菜のビビッドな色は縄胎に合うなあと思います。

bP7151482.jpg


近くから撮ったり遠くに引いてみたり
色々試しています。


こちらは別の日に燻製を盛ったもの。
ワイルド系?もいける。
IMG_20160716_201629.jpg

夏の味覚

2016.07.10 12:48|雑記
ゴーヤーを頂きました。
夏!だ!
しゃきしゃきした歯ごたえとほんのり苦味がおいしい!

胡麻和えにして頂きました。ごちそうさまでした。


鮮やかな緑が縄胎漆器に映えそう!商品使用例画像に使おう!と撮ったのですが、
料理をおいしそうに撮るのってむずかしいです…

色練り

2016.06.14 11:03|漆のこと
梅雨入りしましたね!
小豆島では梅雨らしいじめじめした天気の日と
快晴の日が交互に来ているかんじです。
梅雨の合間の晴れ間は爽やかで気持ちいいです

最近は色練りをしていました。

下は白と赤の顔料。
右の練り棒で顔料が潰れるまで漆と練っていきます。
各色2時間くらいでしょうか。


練り上がり。
blP6121397.jpg

つけをとって、この後乾きと発色を見ながら調節していきます。

ツバメ来島

2016.05.05 20:00|小豆島の暮らし
5月3日にツバメを見ました。
今年初。
一部フェリーが止まるくらいに風が吹き荒れる中、
よくうまいこと飛べるなーと感心します。
毎年巣があるスーパーの天井?のところをみると、
尻尾だけが見えました。かわいい。

この前、初夏の雰囲気にはまだ早いと書いたばかりなのに、
すぐに初夏が来た感じです(笑)

ツバメはこのあと秋くらいまで、長く島で過ごします。


…そういえば、家に初ゲジゲジが出ました…。人生初目撃かも。
驚いて即殺虫剤でしたが、調べると毒が弱い益虫なんですね。
放っておいても良かったかもなーと、手のひらを返す私です…。
ゴキを食べて害のない奴なら正義…。でもアシダカグモさんと喧嘩するだろうか…。
アシダカグモさんは…かっこかわいいと思います…。

春の終わり

2016.05.01 20:09|小豆島の暮らし
小豆島は少し暑い、春の終わりの陽気です。
初夏にはまだ早いかな?と思って春の終わりを表す言葉を調べたら
こんなのが出ました。

・暮春(ぼしゅん)
春の終わりのころ。晩春(ばんしゅん)。暮れの春。陰暦3月の異名。

・艶陽(えんよう)
華やかな晩春のころ。春の日。

・夏隣(なつどなり)
晩春のころ、夏がすぐそこまで来ていること。

(出典:「日本語表現インフォ」表現の言葉辞典 > 春をあらわす言葉・単語・異称の一覧
http://hyogen.info/groupw/list/6879)


等々。

庭のさつきが咲き乱れているのをみると、艶陽といった感じがします。
blP5011338_2016050722174196a.jpg
今年は蜂が少ない気がする…。

そういえば隣の空き地のたけのこがえらい伸びてます。
竹ってこんなふうに成長するんですねえ…。

blP5011340.jpg

最近はこんな感じです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。