04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ホームページ・ネット販売

プロフィール

ぬく

Author:ぬく
小豆島在住の漆作家夫婦。
(男の方:NUKU1号/女の方:NUKU2号)
お問合せはこちらまで→berserker9x9nuku@gmail.com

奈良のお店で販売して頂いております!
「ayanasu」奈良県奈良市角振新屋町4番地1階東端
よろしくおねがいします!

カテゴリ

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かぶれについて(漆の作業をする人視点)

2013.11.29 19:15|漆のこと
気まぐれに、漆のことを書いてみようと思います。
今回は「かぶれ」について。

お客様にお渡しするものは、しっかり乾かしているため、
めったなことではかぶれることはありません

(万が一かぶれた際は使用をやめ、ひどい場合は皮膚科を受診をお勧め致します。)

どんなときにかぶれるかというと、乾いていない漆に触れたとき。
人によっては気化した成分でかぶれが起こる場合もあります。

漆の作業をしていたら、どこかについてたとかはよくしてしまうので、
今もぽりぽり掻きながらの更新ですwカユイ

漆のかぶれは花粉症とかと同じで、使い始めのうちはなにも起こりません。
毎日生の漆に触っててもかぶれなくて、「あれ?自分漆に耐性あるんじゃね?」って
油断して手にべたべたつけまくって作業するころ、
大体開始一ヶ月めにぶわあああってかぶれます

私の場合、両腕ひじの上までマッカッかに腫上がりました
皮膚科に行って注射打って、ステロイド剤を塗って、
両腕包帯の中二心をくすぐる素敵なルックスになりましたw
NUKUのもう一人のほうは顔がパンパンに腫れて、当時の写真を見るとまるで別人です

4月から漆を習い始めたら、症状が出るのがちょうどゴールデンウィークの頃。
病院の休みが多くで難儀しました。

もしこれから漆を始められる方がおりましたら、
ぽつっと虫さされのような跡がでた時点で、
早めの皮膚科の受診を強くお勧めします><
悪化すると夜に痒さで目が覚めたり、気が狂いそうになったりしますよ

次回はかぶれに効くものについて書きますね

テーマ:手づくりを楽しもう
ジャンル:趣味・実用

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。